短期金融資産など

一般的にバブル経済(わが国では平成3年まで)の内容⇒時価資産(不動産や株式など)の取引金額が度を過ぎた投機により実経済の成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指す言葉。MMF…

価格が上がった分

よく聞くコトバ、デリバティブの内容⇒古典的な金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動によって生まれたリスクをかいくぐるために発明された金融商品全体の名称でして、とくに金融派生商品とも呼ばれる。タンス預金ってどう?インフレの局面では、価…

前身ともいえる

ポイント。株式の詳細。出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けても法律的に企業はその株主への出資金等の返済しなければならないという義務はないと定められている。それから、株式の換金方法は売却のみである。まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省…

正しく適切な発展

【解説】バブル(泡)経済とは?⇒不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産が市場で取引される金額が度を過ぎた投機によって実体経済の実際の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことで…

(為替リスク)

ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)が投資信託などファンドを作り、それを健全な運営を続けるためには、恐ろしいほどたくさんの、業者が「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が規定されているということ。西暦1…