正しく適切な発展

【解説】バブル(泡)経済とは?⇒不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産が市場で取引される金額が度を過ぎた投機によって実体経済の実際の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。
一般社団法人 日本損害保険協会は、日本における損害保険業界の正しく適切な発展ならびに信頼性のさらなる増進を図る。そして安心であり安全な世界を実現させることに寄与することを協会の目的としているのです。
いわゆる金融機関の(信用)格付けって何?信用格付機関が金融機関だけではなく金融商品または企業・政府の支払能力などを一定の基準に基づいて評価する仕組み。
【解説】デリバティブ⇒従来からのオーソドックスな金融取引、実物商品、債権取引の相場変動によって発生した危険性を避けるために販売された金融商品の呼び名でして、金融派生商品といわれることもある。
ということは、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が投資信託などファンドを発売し、運営するためには、気の遠くなるほど多さの「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに定められていることを忘れてはいけない。
中国で四川大地震が発生した2008年9月15日、アメリカで老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したのだ。このことがその後の世界の金融危機のきっかけとなったので「リーマン・ショック」と呼ばれたと言う事情なのである。
こうして我が国の金融・資本市場における競争力を高める為に行われる規制緩和だけではなく、金融規制の質的向上を目標にした試みを積極的にすすめる等、市場環境及び規制環境に関する整備がどんどん進められているのです。
重い言葉「銀行の経営の行く末は信用によって軌道にのるか、そうでなければ融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だと判定されたことで失敗するかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月11日、日本振興銀行が前触れもなく破綻しました。この破綻で、これまで発動したことのないペイオフが発動することとなり、全預金者のうち3%程度とはいうものの数千人の預金が、上限額適用の対象になったと推測される。
大部分の株式市場に公開している上場企業においては、企業の活動を行っていくためには資金調達が必要なので、株式の上場のほかに社債も発行することが当然になっている。株式と社債の最大の違いとは、返済する義務の有無である。
なじみのあるバンクという単語はもともと机やベンチを意味するbancoというイタリア語が起源であるとの説が有力。ヨーロッパ最古とされている銀行はどこなのか?15世紀の初め(日本は室町時代)に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで生まれたサン・ジョルジョ銀行とされている。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の規定によって、保険会社と呼ばれるものは生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社に分かれることとされており、どちらの場合も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている者以外は実施できないとされている。
つまり安定的であり、パワーにあふれたこれまでにない金融に関するシステムを構築するためには、どうしても民間の金融機関とともに行政(政府)がお互いの解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければならないのだ。
よく聞くコトバ、デリバティブとは?⇒今まであった金融取引だったり実物商品・債権取引の相場が変動したことによるリスクをかいくぐるために生まれた金融商品の呼び方でして、とくに金融派生商品という名前を使うこともある。
1973年に設立された日本証券業協会は、こんなところです。協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う株券など、有価証券の売買等の取引業務を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業が堅実なさらなる成長を図り、投資者を守ることを事業の目的としているのだ。