前身ともいえる

ポイント。株式の詳細。出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けても法律的に企業はその株主への出資金等の返済しなければならないという義務はないと定められている。それから、株式の換金方法は売却のみである。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(当時)から今度は金融制度の企画立案事務を統合させて平成10年に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に改編。さらには平成13年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
【用語】外貨両替って何?例えば海外へ旅行にいくとき、その他手元に外貨が必要な際に活用機会が多い。近頃は日本円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
【用語】外貨MMFの内容⇒例外的に日本国内でも売買が許されている外貨商品の名前。外貨預金よりも利回りがよく、為替の変動によって発生する利益は非課税という魅力がある。証券会社で購入しよう。
西暦1998年6月に、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督業務を分離することで、当時の総理府の強力な外局として金融監督庁という特殊な組織を設けることになったということ。
抑えておきたいポイント。株式の内容⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、その株の企業は当該株主に対して出資金等の返済する義務はないのである。またさらに、株式は売却によって換金するものである。
よく聞くコトバ、バブル経済(日本では91年まで)ってどういうこと?市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)の取引金額が過剰な投機によって実体の経済成長を超過しても高騰し続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指すのである。
FX⇒最近利用者が多い、外国の通貨を売買することで補償金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFに比べてみて利回りが高く、また手数料等も安いというメリットがある。はじめたい人は証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
預金保険機構アメリカ合衆国連邦預金保険公社FDIC)をモデルに設立された認可法人)が保険金として支払う補償額の限度は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内"ということになっています。この機構は政府及び日本銀行、加えて民間金融機関全体がほぼ同じだけ
このように日本の金融市場等での競争力を高める為に進められた緩和のほか、金融規制のますますの質的な向上が目的とされている取組等を実践する等、市場環境や規制環境の整備が着実に進められているのであります。
いわゆるデリバティブっていうのは伝統的な従来からの金融取引だったり実物商品・債権取引の相場変動によって生まれた危険性から逃れるために考え出された金融商品全体のことでして、金融派生商品ともいうのだ。
金融庁が所管する保険業法の定めに従って、保険の取り扱いを行う企業は生命保険会社か損害保険会社に分かれて、これらの会社はいずれも内閣総理大臣による免許を受けた会社以外は実施できないということ。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によって実施されているサービスのほとんどは古くからの郵便貯金法の規定による「郵便貯金」としてではなく、銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)に定められている「預貯金」に準ずる扱いのサービスである。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月のこと。アメリカで超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したというニュースに世界が驚いた。この出来事が発端となってその後の世界の金融危機の原因になったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたのが由来。
結局「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」の3つの大きな機能を通常銀行の3大機能と言い、これらは銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」加えて銀行自身が持つ信用力によってこそ機能していることを忘れてはいけない。