短期金融資産など

一般的にバブル経済(わが国では平成3年まで)の内容⇒時価資産(不動産や株式など)の取引金額が度を過ぎた投機により実経済の成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指す言葉。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)⇒公社債や短期金融資産などで運用して利益を求める投資信託という仕組み。注意が必要なのは、取得から一定期間(30日未満)に解約するような場合、もったいないけれど手数料に罰金分も必要となるのです。
保険業法(平成7年6月7日法律第105号)の定めに則り、保険の取り扱いを行う会社は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社のどちらかであり、いずれの会社も免許(内閣総理大臣による)を受けている者を除いて設立できないのです。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月に起きた事件。アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したというニュースに世界が驚いた。この破綻が全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけられたのが由来。
きちんと知っておきたい用語。バブル(泡)経済っていうのは不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産が市場で取引される価格が無茶な投機により実体の経済成長を超過しても高騰を続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの状態を指す言葉。
【重要】株式とは、出資証券(有価証券)なので、株式を発行した企業は株式を手に入れた株主に対しては出資金等の返済に関する義務はないと定められている。それと、株式の換金方法は売却によるものである。
昭和48年に設立された日本証券業協会の目的⇒国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の株券や債券など有価証券に係る取引等を厳正、そして円滑にし、金融商品取引業が堅実なさらなる進歩を図り、投資者を守ることを協会の目的としているのです。
タンス預金の常識⇒物価上昇(つまりインフレ)の局面では、その上昇した分その価値が目減りするという現実。いますぐ生活に必要のない資金⇒安全で金利も付く商品にお金を移した方がよいだろう。
なじみのあるバンクは実はイタリア語のbancoに由来である。ヨーロッパ一古い銀行はどこなのか?西暦1400年頃に富にあふれていたジェノヴァで生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行なのです。
麻生総理が誕生した2008年9月に、アメリカの超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したことに全世界が震撼した。この事件がその後の歴史的金融危機のきっかけとなったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのだ。
きちんと知っておきたい用語。保険は、予測できない事故により発生した財産上の損失の対応のために、同じような複数の者が一定の保険料を掛け金として納め、集まった資金によって想定外に発生する事故が発生した者に保険料に応じた保険金を給付する仕組みなのだ。
保険のしくみ⇒突然起きる事故が原因で発生した主に金銭的な損失に備えて、賛同する複数の者が定められた保険料を掛け金として納め、集めた積立金によって予測不可能な事故が発生した者に保険金を支給する制度です。
西暦1998年12月に、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長にする新しい組織である金融再生委員会が設置され、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に3年弱据えられたのである。
ここでいう「失われた10年」という言葉は、一つの国とか地域における経済活動が約10年の長い期間に及ぶ不況そして停滞に襲われていた10年のことをいう語である。
FX⇒簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨を売買した差額によって証拠金の何倍もの利益を出す取引なのである。FXは外貨預金や外貨MMFなどよりも利回りが高く、さらに手数料等も安いのが魅力である。身近な証券会社やFX会社で相談を。